読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書くことの利点

怒濤の連続アップや!



ブログを始めて精々一週間ちょっとですが、ふとした出来事から感じた「ブログをやってる事の利点」について。




先ずは、きっかけとなった出来事を軽く書きますね。
凄く簡単に書くと、明らかな煽りプレイに遭遇しまして。
詳しい状況は書きませんが、勝確からのリソース全捨て時間切れエンドでターンを渡されまして。
まぁ、当然の如く敗北したんですが、ブログやってない頃の自分だったら、どこぞの晒しスレに名前出しで晒してたんじゃないかな、と思ったんです。
まぁ、実際その時には「煽りプレイとかたまったもんじゃねーな」くらいには感じてましたからね。

でもまぁ、ブログやってる手前そういうこともちょっと躊躇われるじゃないですか。
そこで、「勝ちのチャンスをくれた」「さぁ、かかってこい!と男気をみせてくれた」「時間切れまでこちらの思考時間を延ばしてもらった」と考えたわけです。
そう考えるとあら不思議、まったくもって、あったまらなかったんですね。マジで。
実際勝ちへの道筋を見落としてないか、しっかり検証できましたしね。

根底にあるのは自衛本能的なものですが、ブログを始める前に比べると対戦相手のプレイとかであったまることが激減しました。
これがブログを始めて感じたメリットの一つですね。



後は多少なりにプレイングが丁寧になったようにも思います。
ここのブログを見に来てくれている人が何人位なのかはアクセス解析からある程度把握できるので、
プレイヤー総数に比べて多くないことくらいは解っていますが、それでも万が一にもマッチしないとは言い切れないです。
そうした自意識過剰とも言える理由から、以前よりも少しでもプレイングの粗をなくそうと思うようになりました。

特に、サレンダーは全くしなくなりました。
もう完全負確で、勝確のウイニングランプレイを見せつけられるのが解っていても、それを含めて全部受け入れるようになりましたね。



あと、こんな駄文でも読みに来てくれている方がいる、という事は書くことへの励みになりますし、
それが回り回ってcojのモチベーションアップにもなっていますので、ゲームをより楽しむことができています。


以上、最近感じたブログをやることで感じた利点です。

それもこれも来てくれている方がいるからこそなので、読みに来てくれている方には本当に感謝です。


そんなことを感じた今日この頃でした。
それでは、今回はここまで。