読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使ってみました2.0(黄緑)

引き続き使ってみた感想(一部未検証ですが)



◆黄


■ニコラ

《タックス》とのコンボ前提でないと使いにくいというか、素で使うのは躊躇われるので個人的には使いやすいカードではないかなという感じ。



■ゴールド・ダルマン

まぁ、KPですよね。
感想というか、願いとしてKPには帰ってきてほしくなかった。



■白ずきんちゃん

沈黙や除去が飛び交ってる環境ではそもそもこれ自体が生き残ってるかどうかが怪しいので、安心感は今ひとつ。
一応軽い抑止力にはなることを期待してアタックにいきたいところですが、BP5000が無策でアタックにいくのも危険な環境です。

神託シリーズですが、受動的というか誘発するか否かが相手次第なのでコンボやシナジーに繋げにくいです。
一応《ティアマト》とコンボ形成出来ますが、現状盤面に触れる奇跡効果がないのでわざわざするほどでもないという。
結局のところあればなんかの役に立つときあるよね的な、定食についてくる小鉢的なものでしかありません。(少なくとも今回の2枚は)



■不知火玖式

完全に存在を忘れてしまっていた為、未検証です。



ユニコーン

BP6000でパンプ邪魔が出来るのでわりかし戦闘能力が高めです。なので中低コストの中程度の戦闘用ユニットが使いたい時には選択肢に入れても良いでしょう。
《白ずきんちゃん》でも書きましたが、あくまでも神託奇跡はおまけとして考えておくべきで、これを主眼に置いて《魔法石》の代わりにするのにはやや難ありです。



■ゼウス

いろいろと修正されてだいぶ差異はありますが、おおむね《毘沙門天》です。
それなりに見かける青【自動蘇生】には効果的ですが、紫相手には返しが怖いので使いにくいですね。
まぁ、なんにせよやってること自体は《毘沙門天》です。



■美しき彫像

ダメージ効果の方は威力がまるで伸びない。というか戦略的撤退によって大してユニットが並ばないこの環境で、行動済み×1000ダメージで何かできると思う方がどうかしてる。
よって呪縛効果にしか価値はなく、加護持ちに呪縛をつけられるのがほぼ唯一の利点なんですが、はっきり言ってそれにインセプ一枚使わないです。



チョークスリーパー

上手く使えそうな盤面はそれなりにあります。ただ対面が紫だとかなりの確率で《プリズン》で破壊されて活躍の機会が失われます。
これに限らずターンまたぎで使うタイプのインセプトリガーは紫が多い環境は逆風ですね。



パラレルワールド

4CPで自分のデッキにマッチするかもわからないユニットをコピーしてもな…。妙にコストが重くて使えないのは黄インセプの宿命ですね。




◆緑


ドーバーデーモン

《マーヤ》で封殺されないのは進化元として大きな利点です。その他《ブリギッド》から捨て身の2000ダメージしたり《パンダ》の相棒としても有能で、《ハッパ》に勝る点は少なくありません。
反面、他のサーチ珍獣と併用する場合には召喚優先順を後回しにしたい関係上、2CPなのがネックになります。



■パンダティーナ

連撃2は達成しやすく、そこそこ高い壁であるBP6000の壁をこえるBPをサクッと作れるので最序盤の攻防ではそれなりに頼りになります。《ブリギッド》との相性も良好。
ただ、BP8000相手には分が悪い上に連撃前提での使用はカード消耗が激しくなりますので、中盤以降はあまり頼りになりません。

連撃はカードのコスパを大きく上げますが、必然的に2枚以上のカードを使うことになりますので、除去されたときのアドバンテージ損も大きくなります。
性質上必要CPも多くなりがちな為軽減を使いたくなりますが、対処される可能性とされたときの損失の大きさを一度考えた上で判断を下すべきでしょう。



■勇戦の騎士

1点受けてBP7000不屈秩序が一番強そう(に思います)。ダメージを多めに受けてからの高BP不屈貫通も強そうに見えますが、単体除去や沈黙がお手軽な環境ではあっさり対処されてプレイヤーがお亡くなりになります。
BP6/7/9という、えらく不規則なパターンなのは珍しいですね。



■プラウドドラゴン

もういい加減、戦闘色の緑に3CPBP5000据えるのやめてあげて。
連撃をスマートに使うなら《ビートル》《アリゲーター》との組み合わせが理想です。BP-6000はかなりの破壊力なので除去としては頼りになりますが、相応のカード消耗をしていることは留意しておくべきです。



ゲイボルグ

なんというか、地味です。ですがよく言えば堅実なカードです。
珍獣の一掃、確実な戦力ダウンをやってくれて、固着により《ダルマン》《スピリット》への耐性があります。
BPが高いことに以前より価値があるように思えますので、《ロンギヌス》よりも除去耐性の高いこちらを使うのもアリな環境だと思います。




■ブリギッド

除去さえされなきゃゲームセットまてありますが、初手で出すのは考えものです。こいつが除去される原因なんて腐るほどありますからね。
少なくとも一発は置き《早撃ち》としての仕事はさせたいところなので、焦らずタイミングは見極めましょう。
3CPのピンポイントサーチとして見るのもアリです。
強力なコンボパーツであり、【シャープリィ】によって単体起爆が可能となり、かつBP8000の《プロメテウス》はサーチ対象として申し分ありません。



■救いの神風

普通に《追い風》てきな使い方をしましょう。
《プラウドドラゴン》の連撃用に使うにしては消耗が激し過ぎます。



■勇者の号令

至ってシンプルに《土下座》枠がデッキにあるかどうか、です。
ノーガードの殴り合いみたいな環境なら良い不意打ちになりそうではありますが…。



自然の摂理

未検証です。
1CP必要なのが本当に馬鹿馬鹿しい。




とりあえず今回はここまでです。
小分けになってしまいますが、紫と無色はまた後ほど。