読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使ってみました2.0(赤青)

本日(土曜日)はホームにて固着オブジョーカーズしてきました。


環境的には紫使いが初日にくらべかなり増えたもよう。50戦くらいして体感的に7割くらい紫デッキ。他には【青蘇生】【魔手】【OC珍獣】【ミリア珍獣】【緑アグロ】【ブリギッド】辺りがちらほらといる印象です。


とりあえず勝ち負け気にせずカードの使用感を試してきましたので、感想という形で書いていこうと思います。



とりあえず赤青編



◆赤


■ヒートドラゴン

2コスサーチャーの宿命としてサーチ先次第で評価がわかれます。なのでサーチしたい竜がいるかどうかが大事。
《ティアマト》サーチ用に良いかも知れませんが、多分《ティアマト》引いてる事がバレてて結果として奇襲性が損なわれるので手放しで推奨出来る使い方とは言えません。



■デモンフィスト

思ってた通り、焼けないときのダメさはなかなかのものでした。《リリム》のようにひとまず小物焼くことが出来ないので《ラミエル》《メリィ》とのコンボ前提のカード。
やっすい【トリロス】を作りたい時にはアリかも、という程度です。



ケロール・レッド

検証の余地なし。出すだけで、いやデッキにいれて手札に引くだけで立派なディスアドバンテージ。



ミノタウロス

あまり召喚してやれなかったんでまだフワッとした印象ですが、アタックと点取りはそれなりに任せられそうですが逆にそれしか出来ないことの窮屈感のが強いです。



■レーヴァテイン

初手《ブリギッド》が焼けるのはグッドですが、流行りの紫への一手目にするには《クロエ》の存在がネックです。初手に構えるよりは序盤~中盤に火力枠で引いたら使うくらいの方が良さげです。



■ティアマト

個人的には最お気に入りユニット。対面で見たことは一度しかないんですが。
トリガーに気をつければリスク少なめで相手半壊なので、リセットではなく自分の盤面を残せるというのが利点としてあります。
欠点としては得点能力に難ありなのと、ふたたび見かけるようになった《イザナミ》が厄介なことでしょう。

強制攻撃は自分のユニットは右端から、相手のユニットは左端からの順番です。



■強運の狙撃

うてねぇ。



■ハードグラビティ

未検証。クロックアップして大抵のユニットはBPあがってるので6000ダメージかそれ以上の威力でもないと使われることはないでしょう。



■魔炎の決意

赤伏せがブロック時のパンプだとは思われないので、一応奇襲にはなり得ます。ただ、それだけの為にあえて使うほどのカードじゃないですね。





◆青


■白狼

凄まじい安心感をもつ防衛用ユニット。とりあえず出しとくだけで大型ユニットを止められるのが超優秀で、特に《パイモン》でBP増し増しの紫デッキ相手には本当に頼りになります。
《青アレキ》に加えてぶっ壊れジョーカー【サイレンス】が環境に蔓延していますので、二枚目以降は気軽に重ねたり出したりしないほうが良いでしょう。



■ミーナ

自動蘇生とでも言うべきこの能力サイクルですが、思ってたよりずっと厄介でした。
自動で何度でも帰ってくるので除去しただけでは何の解決にもならないというのが頭痛の種です。
対処できなきゃ《サリエル》や《イザナミ》に道をあけられてゲームセット。
消滅させるか《文明崩壊》がベターな対処法でしょうが、《ティアマト》突っ込ませてデッキを回復させないで墓地を空っぽにするのもアリかも知れません(多分《イザナミ》で点はとられるでしょうが)

戻ってくる優先順位は墓地の浅い順です。《デスパレート》などで墓地に落とす時には順番に気をつけて送りましょう。



■TA-YU

もっとBP下げて1CP2CPなら使えた。それが無理ならせめてBP6000が欲しい。墓地増やしも少なくPIGでのクロックアップもイマイチ。
半人前のBPと半人前のアビリティが合わさっても半人前にしかならんので、使うことも使われることもほぼないでしょう。



■ドラゴンブリザード

《ミーナ》で書いた通り。
オーバークロック時の能力はほとんど気にしなくて良いでしょう。
蘇生条件が15枚とかなり重めなので早めに墓地に送っておこう、とか思って《デスパレート》で初っ端から墓地にまとめて叩き込むと優先順位の関係で《ミーナ》や《レヴィアタン》に場を埋められて一生出てきません。一応注意しておくべきでしょう。



レヴィアタン

《ミーナ》で書いた通り。
【シャープリィ】→《イザナミ》のゲームセットコンボがあるので、状況次第では殺人級の能力持ちです。
あんまり流行るようなら《プロメテウス》《呪いの贈り物》で能力逆手にとって消してやりましょう。


■サリエル

引けてないので未検証です。
それなりに使われましたが、基本的にこれが出てくる=死ぬて状況でしたので、フィニッシャーとしては正しく機能していますね。
登場時にバックミュージックでズンドコズンドコ鳴ってるのが超気になります。



■呪いの贈り物

インセプサーチによってぐっと使いやすくなった《絶妙な挑発》。こいつがというかレベル3を作れる状況での《イザナミ》がくっそ強いので、それに合わせてそれなりに見かけることになるでしょう。



■待ち合わせ

《鏡合わせの祈り》で十分です。
《ティアマト》の餌確保用に《鏡合わせ》と併用しましたが、使える条件に差異がないので単なる残念カードでしかない。相手3CPこっち6CPとかくらいのガバガバ条件なら良いのに。



■冥府のかぞえ歌

ハウリング》が3枚ドローでも使うか怪しいんですが、それでもこれ使うか?て話。
カード引くために前準備してその上2CP使うのを許してくれるほど今の環境て遅くないと思うんです。





とりあえずざっとした感想はこんなところです。
残りのカードはまた書きますので、よろしくです。でわ