読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新規・初心者向け】プレイヤー間交流のすすめ

先日アナウンスした、ラウンドワン大宮での交流会について、間違った記載をしてしまいましたので訂正いたします。

誤:5/14(日)

正:5/14(土)



さてさて、こうした交流会に参加することの是非はともかくとして、初心者初級者の皆様には他プレイヤーとの交流を持つことをおすすめします。

おすすめする大きな理由は『カード集めがやりやすくなる』という激しく打算的ではありますが、cojをやる上では決して小さくないメリットが得られるからです。

『カード集めがやりやすくなる』ことにメリットを感じない。早い話が自分でコンプするまでパック購入するような人には関係のない話なので、そういった人はスルーしてください。




さて、プレイヤーと交流することで『カードが集めやすくなる』ことが一体どれほどのメリットなのか、ぼっちプレイヤーである私の過去の悩みを踏まえて書いてみましょう。



゙ぼっちプレイヤーのカード収集における障害゙


・カード収集手段は自引きかネットでのトレードのみ

このゲーム、シングル販売というものがないものですから必然的にこの二つの手段しかありません。(ネットの闇ではRMTもされてるみたいですが)

自引きするカードの数や質は各個人のスタンスにより異なります。

A,フルコンプするまで引く
B,欲しいものが揃うまでは引く
C,金額を決めて引く

大別するとこんなもんでしょう。

私のスタンスはC時々Bといったものなのですが、自引きで必要分がすんなり揃うことは稀です。運が悪いとコモンすら揃いません。
必要分が揃うまで粘ることもありますが、それをやると今度は目的のカード以外を無駄に引きすぎて余る、なんてことも起こりうるわけです。
そこで、トレードが第二の手段として出てくるのですが…。



・ネットでのトレードにおける事情

ぼっちプレイヤーの私は知り合いとのトレードなんてのは出来ません。ゆえにトレードは全てネットでの募集をするか受けるかになるわけです。
私と同じようなスタンスを予定している方がいたら注意しておくべき点があります。

『低レート同士のトレード』
『同じSRカードが3枚欲しい』

この二つのトレード募集はネットでは、あまりすんなり決まりません。

『低レート同士のトレード』はそもそも需要がありません。トレード自体がそれなりに手間な為、高レートトレードのおまけならまだしも、低レートトレードの為だけに募集にのってくれる人はかなり稀なのです。

『同じSRカードが3枚』が成立しにくい理由は、単に3枚余らせてるプレイヤーがすくない為です。まぁ、今回の話とは少し軸の違う問題なので、なんとなく覚えておくくらいで良いと思います。

飽くまでも、すんなりいきにくいだけであって条件や運次第ではあっさり成立することもあるんですがね。




上記の問題含めて、ネットでのトレード募集は便利と言えば便利なんですが、どうしても小回りの効かないところがあります。
手近にトレードの出来る知り合いを作っておくのは、そうした部分をフォローするのにうってつけです。
『低レート同士のトレード』『余らせたカードの有効利用』といったものをお互いに出来るのは、双方にとってメリットなわけですからね。

ぼっちプレイヤーなんてやっていると、そうしたメリットが大きく思えることにちょいちょい出くわすものです。
シビュラの書》や《アサルトガール》みたいな低レアリティのカードを引く為にパックを購入してる時とか、
3枚目の《ネフェリア》を引くまでに《クリス》がカンストしてRPに換わったりしてる時とか、
cojをやってるとよくあることなんですが、気軽にトレードできる知り合いでもいればある程度軽減できただろうなぁ、と思うものです。




そんなこといっても、他プレイヤーとの交流というのは結構抵抗あるものです。いまだにぼっちプレイヤーの私もそうなんですから。
他のTCGなんかだと誰かと一緒に始めることがデフォルトだったりしますので、ある意味ひとりで始めることのできるcoj特有の問題とも言えるでしょう。
ですが、思い切って一歩踏み出してみるのも良いのではないでしょうか。思いがけないリターンも有るかも知れませんよ。






そんなわけで冒頭にも書きました、ラウンドワン大宮での交流会ですが、cojsへのバージョンアップを目前に控えた、見ようによっては良いタイミングのイベントです。
これから始めたいという方は是非是非ご参加下さい。



それでは、今回はここまで